黒柳徹子

黒柳徹子

トットひとり 黒柳徹子 新潮社

黒柳徹子の作品を読むのは小学生以来。小学校の中学年頃に『窓際のトットちゃん』がベストセラーになって、親が読んでいたのを夢中で読んだ覚えがある。電車の学校とか「海の物とも山の物」が入ったお弁当とか、子ども心に羨ましかった覚えがある。ちなみに当...