小堀杏奴

小堀杏奴

朽葉色のショール 小堀杏奴 講談社文芸文庫

高校時代に読んだことがあるので、再読なのだけれど、ほとんど内容を覚えていなかったので、初めて読むも同然だった。高校時代に読んだ時は、心酔できたのに、今は「ふうん」という感じだった。あの頃は、単純だったら典雅な調子に、ヤラレてしまっていたのだ...