河野多惠子

河野多惠子

考えられないこと 河野多惠子 新潮社

河野多惠子の遺作集。図書館で借りて読んだのだけど、これは買っておくべきだと思った。短篇小説、エッセイ、日記、詩と雑多に入っていて「本当にこれが最後なのだなぁ」と寂しくなってしまった。薄い単行本なのでか鞄に入れて持ち歩くのも可能。本にかけられ...
河野多惠子

逆事 河野多惠子 新潮社

私は河野多惠子を知ってからと言うもの、ずっと好きでいるのだけれど、いま敢えて言いたいことがある。「河野多惠子の作品って、実はけっこう面白くないよね」と。刺激的に読ませる物語もあるのだけれど、短編になると吉村昭級に地味だと思う。しかも、読者に...
河野多惠子

臍の緒は妙薬 河野多惠子 新潮文庫

表題作を含む7編からなる短編集。作者はもう80代後半のはずなのだけど、創作に対する貪欲さに感心させられた。短編集と言っても、1つ1つの作品自体が短めで、文庫本にするとペラペラなのだけど、じっくりと読む価値のある1冊だと思う。 それぞれ...
河野多惠子

思いがけないこと 河野多惠子 新潮社

非常にローテンションなエッセイ集だった。作者自身の日常生活や、好きな作家(谷崎・三島・菊池)についての自論など。何故だかしら、作者とは仲間意識のようなものを感じてしまう。このエッセイ集にいたっては、今年度の「マイ・ベストエッセイ」になるんじ...
河野多惠子

秘事 河野多惠子 新潮社

ちょっとだけ「ネタバレ」あり。未読で「ネタバレ」が嫌な方はご遠慮ください。 地味な…ひたすら地味な文章でもって語られた「ある夫婦」の物語だった。一部の読書好きの間では、かなり評価が高かったらしい。とりわけ、少し高めの世代での支持があっ...
河野多惠子

半所有者 河野多惠子 新潮社

短編小説1篇だけを1冊の本とし作られた贅沢な一冊である。長年連れ添った1組の夫婦の物語……もとい妻に先立たれた男の物語である。物語の筋をズバリ言ってしまうならば夫が妻にたいして屍姦をするだけの物語である。「屍姦」という言葉を辞書で調べてみる...
河野多惠子

小説の秘密をめぐる十二章 河野多惠子 文藝春秋

マイブーム女性作家である河野多惠子の作品で、しかも題名に「小説の秘密をめぐる」だなんて悩ましい言葉が入っているとなるとそりゃぁ、もう、読まずにはいられないと手にとって作品である。実際は「小説の秘密」というよりも、むしろ「小説の書き方」的な作...