劇団ひとり

劇団ひとり

陰日向に咲く 劇団ひとり 幻冬舎

今さらながらのベストセラー本。図書館で予約していたのが、やっと手元に届いた。「お笑い芸人に小説が書けるのかな?」という好奇心で読んでみたのだけれど、想像していた以上に面白かった。最近すっかり見なくなった「昭和の香りのする作品」だった。お洒落...