栗田有起

栗田有起

蟋蟀 栗田有起 筑摩書房

この作者はいったいどこへ行こうとしているのだろう? 不思議系の話を書く人って、油が乗ってくると暴走して意味不明の物語を書いてしまうことがあるのだけど、この短編集はまさにそんな感じだった。意味不明の複合体……って感じ。 どの作品も「不思...
栗田有起

オテルモル 栗田有起 集英社

作者の作品は嫌いじゃない。嫌いじゃないけど物足りない。感覚とか、設定はすごく好みなのだけど1冊の読み物として評価するとなると、ちょっとなぁ……ってところが多い。曖昧な書き方が作者の魅力なのだとは思うけれど、いま一歩痒いところに手が届かないの...
栗田有起

ハミザベス 栗田有起 集英社

今回の作品は、駄目だった。前回読んだものがツボにハマったので「この作者とは、もしかすると生涯の友になるかも」とさえ思ったたのが、とてもじゃないが読んでいられなかったのだ。悪くはない……文章的レベルは低くないが、どうにもこうにも、意味のないテ...
栗田有起

お縫い子テルミー 栗田有起 集英社

表題作と他1編。今風に言うなら「ありえねぇ」ってほどに、ズボッっとハマってしまった。表題作はかなり良い。他1編は残念ながらいまひとつ。別になくても良かったかな……という印象。なので表題作限定の感想にしたいと思う。 作品を読んでいる間、...