熊谷達也

熊谷達也

潮の音、空の青、海の詩 熊谷達也 NHK出版

東日本大震災をテーマにした震災文学。作者は宮城県出身。思い入れたっぷりの作品で読んでいて非常に辛かった。実は前知識が全くないまま図書館で「表紙惚れ」して借りてきた1冊。題名を見て「海が好きな主人公の青春物語かな」なんて思って気軽に借りた。実...
熊谷達也

調律師 熊谷達也 文藝春秋

音を匂いとして感じることの出来る「共感覚」という特殊な能力を持った調律師をめぐる連作短編集。東日本大震災後を挟んで物語が描かれている。震災をテーマにした作品ではなく、震災前に書き始めて、震災を挟んで書き終えたとのこと。前半と後半で雰囲気がガ...
熊谷達也

稲穂の海 熊谷達也 文藝春秋

昭和40年代の日本を舞台にした物語ばかり集めた短編集。あまり期待せずに読んだのだけど、予想外に良かった。 私は今までずっと、この作家さんについては「悪くはないけど軽い作品を書く人」と言う印象を持っていた。この読書録に感想を書いた作品も...
熊谷達也

いつかX橋で 熊谷達也 新潮社

第二次世界大戦、終戦直後の仙台を舞台にした長編。作者は戦争を知らない世代のはずなのに、よくぞこの時代を臨場感たっぷりに描いたものだと感心した。特に、主人公が家族を失う空襲の場面は秀逸だと思う。あれを読んで何も感じない人はいないんじゃなかろう...
熊谷達也

ウエンカムイの爪 熊谷達也 集英社

北海道が舞台の熊物語。動物写真を撮るカメラマンと熊を研究する人々、ハンター、アイヌの血を惹く女性達がウエンカムイ(アイヌの言葉で人を喰う熊)を追う……てな話。動物が好きだったり、自然が好きだったりする人なら、そこそこ読めるのではないかと思わ...
熊谷達也

漂泊の牙 熊谷達也 集英社

2004年の直木賞を受賞した作家さんなので読んでみた……のではなくて、某兄さんが、以前から熱く語っていたのを読んで「こいつは私の好みかも」とずっと思っていのだ。現代のマタギ小説。『銀牙-流れ星 銀』(←これは犬が主人公の漫画作品)をイメージ...