京極夏彦

京極夏彦

魍魎の匣 京極夏彦 講談社

「本の厚さで人が殺せる京極本」にトライしてみた。直木賞作家にまでなった作者は押しも押されぬ人気者。ミステリ好きの友人達が、彼の作品にハマっていたのは高校生時分の頃だったろうか。ミステリ音痴の私は「へー。ほー」と相槌を打ちながら、有吉佐和子だ...
京極夏彦

嗤う伊右衛門 京極夏彦 中央公論社

初京極記念本だというのにイマイチ、ハマれなかった。彼の本はエネルギーのある時に読むべきものなのだろうか。だいたいからして苦手な時代本から入ったというのもネックだった。そこそこテンポがあったので、歌舞伎を観るように読めたのは良かったが、誰にも...