木下順一

木下順一

少年の日に 木下順一 河出書房新社

なにやら、すかした言い方で気恥ずかしいのが、毎日のように何某かの本を読んでいると「出会うべくして出会う本」に行き当たることがある。この作品は今の私にとって「出会うべくして出会う本」だった。とりたてて上手い小説ではないと思うのだが、自分の身の...
木下順一

湯灌師 木下順一 新潮社

またしても題名だけで手にとってしまった作品だった。『湯灌師』とは、なんて直球勝負なんだろう。宮崎アニメのテーマソングの歌詞ではないが「生きている不思議。死んでゆく不思議」についてついつい考えてしまうタイプの人間なら、手に取らずにはいられない...