木内昇

木内昇

笑い三年、泣き3月。 木内昇 文藝春秋

戦後の浅草が舞台の群像劇。私はいまいち楽しめなかった。と言うのも木内昇の作品ってだけで読む前からハードルが上がっていたのだと思う。この作品で3冊目だけど、前回読んだ『櫛挽道守』が面白かったので「この作品も面白いに違いない」と言うところからス...
木内昇

櫛挽道守 木内昇 集英社

舞台は幕末。木曽の山深い里で「お六櫛」と言う、飾り櫛ではなく髪をすいたり地肌の汚れを取ったりする櫛を作る職人の里に生まれた娘が主人公。時代物は苦手なのだけど面白過ぎていっきに読んでしまった。有吉佐和子の時代小説を思い起こさせるような骨太な作...
木内昇

漂砂のうたう 木内昇 集英社

明治維新直後の根津の遊郭が舞台の物語。私はどちらかと言うと時代小説は苦手だし、そんなに数も読んでいないのだけど「ネオ時代小説」とでも名づけたいような作品だった。丹念に江戸の風俗を描いているのだけど、どことなく現代小説っぽい印象。 Tw...