萱野葵

萱野葵

ヤる女 萱野葵 角川書店

なんてムカツク文章を書く作家さんなんだろう。作者の作品を読むのはこれで2冊目。『ダンボールハウスガール』を読んだ時も、たいがいムカついたものだけれど、この作品はそれ以上だった。もっとも、こういう挑発的な題名の本を手に取る私も、どうかしている...