川端康成

川端康成

乙女の港 川端康成 実業之日本社

「川端康成が書いた幻の少女小説」って触れ込みだったので、ガッツリと喰いついてしまったりのだけど、実はこの作品。作者は川端康成ではなく弟子の中里恒子とのこと。川端康成は赤で筆を入れただけらしい。軽く出版社に騙された感があるのだけれど、ちゃんと...
川端康成

天授の子 川端康成 新潮文庫

私の中にある川端康成は「気骨のある文学者」で、ちょっと取っつきにくいようなイメージがあった。『伊豆の踊り子』のような作品もあるけれど『眠れる美女』のような、ちょっと偏執的な作品が多いせいかも知れないけれど、親しみやすい作家と言うよりも、むし...