川上未映子

川上未映子

乳と卵 川上未映子 文藝春秋

2008年度芥川賞受賞作。豊胸手術をしようとしているバツイチの女性と、思春期真っ盛りの娘の物語。どうして、この作品が芥川賞なのだろう? 近年の芥川賞受賞作は毎度「これって…」と思わされるのだけど、今回は特に強くそれを感じた。 テーマに...