片山恭一

片山恭一

世界の中心で、愛をさけぶ 片山恭一 小学館

良い意味において、期待を裏切られてしまった。はじめて手にとった作者の作品は「なんだか知らないけど薄っぺらくて屁理屈満載」 という印象だったので、この作品も、きっとそうに違いないと思っていたのだが、なかなかどうして。主人公の少年が屁理屈屋で...
片山恭一

満月の夜、モビィ・ディックが 片山恭一 小学館

今回もまた題名に惹かれて手に取ってしまった。最近「題名」に惹かれることが多い。書店や図書館へ行っても心くすぐられる長い題名が多いような気がするのだが、あれは最近の傾向なのだろうか?私のように目先のことばかり見ている人間は「ちょっと長めで凝っ...