粕谷知世

粕谷知世

ひなのころ 粕谷知世 中央公論社

自分の少女時代を彷彿とさせてくれた作品だった。ある少女の4歳から17歳までの物語で「4歳の春」「11歳の夏」「15歳の秋」「17歳の冬」と4つの年齢と季節をからませた短編連作方式。1つの大きな話として読んでも面白いし、それぞれの物語として読...