梶井基次郎

梶井基次郎

檸檬 梶井基次郎 新潮文庫

なにげに、やるせな~い気分になった時に、読みたくなる作品である。初めて読んだのは国語の授業の課題だったと思う。檸檬爆弾だなんて馬鹿げたことを、真顔で語る大人がいるということに言い知れぬ感動を覚えた記憶がある。「もしも○○が、○○だったら、○...