大原富枝

大原富枝

婉という女 正妻 大原富枝 講談社文芸文庫

久しぶりにガツンと来た。ゆっくりと時間を掛けて読んだし、それに値する1冊だった。女をこんな風に書ける作家さんを、今まで知らなかっただなんて! なんと勿体無いことをしたのだろう。もっと早くに出会いたかった。 家長の罪により、幽閉された一...