江國香織

江國香織

抱擁、あるいはライスには塩を 江國香織 集英社

江國香織の作品について感想を書く時は、いつも少し緊張する。女性ファンがやたら多い作家さんで悪しざまに書くと、袋叩きに合いそうな気がして。どうも私はこの作家さんとはめっぽう相性が悪いらしい。「だったら読むな」って話なのだけど、何年に1度かの割...
江國香織

東京タワー 江國香織 新潮文庫

昨年から、リリー・フランキーって人が書いた同名の小説がやたらと人気だ。私も読みたくて仕方が無いのだけど、大枚をはたいて買う勇気はなく、図書館でも予約待ちの列。仕方が無いので、ちょうど文庫化されて本屋で平積みになっていた、この作品を手にとって...
江國香織

冷静と情熱のあいだ Ross 江國香織 角川文庫

「一世を風靡した作品を今更ながら読んでみた。今をトキメク人気作家さん2人(作者と辻仁)のコラボレーション。辻サイドを読んでみないと、なんとも言えないけれど、少なくとも、この作品にはハマれなかった。 ハマれなかった理由は2つ。1つはヒロ...
江國香織

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 江國香織 集英社

「へぇっ。なるほどなぁ」と思って読んだが、イマイチ好きになれない作品だった。作者の作風って、どうも苦手なのだ。作品によっては「面白かった」と思えるものもあるのだけれど、全般的にNG率が極めて高い。カップヌードルを作るよりも簡単に不倫カップが...