梅崎春生

梅崎春生

ボロ屋の春秋 梅崎春生 講談社文芸文庫

最近、軽い目の本……もとい、私がサクサクと読めるタイプの本が続いていたので「ちょっと真面目なのをいっとく?」と思い立って選んだ1冊だった。典型的な純文学と、エンターティメント系の小説に優劣があるとは思っていないが、生粋の純文学は読みにくく、...