稲葉真弓

稲葉真弓

水の中のザクロ 稲葉真弓 講談社

物語の舞台は「健康ランド」。いっとき大ブームをおこした大型温泉娯楽施設である。最近はやっている「スーパー銭湯」よりも、お値段はグッと高いが、サービスと施設は格段に良い。私も行ったことがあるが、けっこう好きだなぁ……と思った覚えがある。ものす...
稲葉真弓

ガーデン・ガーデン 稲葉真弓 講談社

なんとなく敬遠していた作家さんだけど、今まで読まずにいて損しちゃったなぁと思う。名前にしろ、題名にしろ、どこか少女めいているので、砂糖菓子のように甘く、それなりに楽しいけど物足りないような作品を書く人だろうと1人勝手に思い込んでいたのだ。し...
稲葉真弓

午後の蜜箱 稲葉真弓 講談社

淡々と面白かった。独身の中年女性を描かせたら、作者の右に出る人はいないんじゃないかと思う。作者の作品は面白くて、ちょっと怖い。私にとって作者の描く女性達は、仲間でもあり自分の未来像でもある。孤独な世界に目を背けたくなったり、憧れてみたり。予...
稲葉真弓

千年の恋人たち 稲葉真弓 河出書房新社

こってりと「女!」を堪能したいなら、稲葉真弓が良いと思う。この人の描く女はみっしりと身が詰まっている感じがする。リアリティに溢れている……ってほどでもないのだけれど体臭を感じさせてくれるのだ。そこが良い。そして、そこが少しクドイ。 今...